近くのものが見えにくい。

新聞読むのが億劫になってきた。

次の話は、老眼に悩む40代男性のエピソードです。

まさか40代で老眼になるとは思いませんでした。

最初に視力の変化が気になりだしたのは新聞を読んでいるときでした。

昔はスラスラと読めていたんですが、そのスピードが徐々に遅くなりだし、心なしか理解力も低下しているように感じたのです。

これはきっと脳が老化しているんだろうなと思っていたのですが、どうやら問題は老眼によってこれまでと同じような距離感で新聞が読めなくなったことが原因でした。

それでも、目が疲れているだけだと思い、まさか老眼だとは思いもよりませんでした。

私の場合は早めに医師に相談して、遠近両用メガネを使うことにしました。

老眼初期から遠近両用レンズのメガネに慣れておくと、度の弱いレンズから慣らしていけるからいいんだそうです。

これから身体のあちこちが変化していくでしょうけど、努めて前向きに捉えて楽しく40代を過ごしていきたいと考えています。