ハゲゆく頭

受け入れよう、、、そう思うものの・・・やはり・・・。

次の話は、薄毛に悩む40代男性のエピソードです。

自慢ではないが30代前半のころまでは、髪の毛が鬱陶しいほどフサフサだった。

床屋に行っても、店員さんが「すごいボリュームですね」とやや困惑気味に話していたくらいだった。

遺伝的には、私の父親が若干ハゲかかっているが、もう70歳を過ぎているので歳相応だろう。

そんな自分だが、40歳を過ぎ、会社でも事業部長の職に就き、これまで以上に重い責任とプレッシャーのキツいポジションについたせいか、髪の毛があれよあれよという間に抜けてきてしまい、今では頭皮が透けて見えるくらいまでになってしまった。

40代で事業部長に昇格できたのは、うちの会社では破格の出世だった。妻も大いに喜んでくれていた。

私も仕事自体はやりがいを感じている。クラウド技術を用いたソリューションの提案は、現在の会社がもっている技術との相性もいい。

これは仕方ないと諦めたほうがいいのだろうか・・・。

一応、育毛剤やヘアケア商品はあれこれ試している。

しかし、今のところ際立った効果はみられない。

CMなどでもお馴染みのスカルプDシャンプーでも試してみるか。